武生ICより10分。昔ながらの自然に囲まれた、伝統と自然が息づくまち越前和紙の里では、伝統的な越前和紙の体験や工芸士の手わざを見ることができます。

伝統と歴史がいきづく和紙のふるさと 越前和紙の里
  • リンク集
  • To English Page

伝統工芸士について

伝統技術を受け継いだ工芸士に漉かれた和紙は、多くの画家に愛用されています。

伝統技術を受け継いで漉かれた和紙は、多くの画家に愛用されています。

現代の名工によって漉かれた越前和紙は、横山大観や平山郁夫、ピカソといった日本画や木版画の作家に愛用されています。
その強靭な和紙は「素材」として力を発揮し、書や絵画の、そこに書かれた作品を引き立たせています。

九代 岩野 市兵衛(人間国宝)

重要無形文化財 平成12年指定
代表和紙:越前生漉奉書

人間国宝であった先代岩野市兵衛氏より手漉き和紙古来の技法を受け継ぎ、木材パルプなどを使用しない100%楮だけを使用した生漉き奉書一筋に専念してきた。
1978年に九代目岩野市兵衛を襲名。2000年6月に、国指定重要無形文化財(人間国宝)に認定される。
精選された国内産の楮を原料とし、越前和紙に伝わる古来の技法にしたがい作られた強靭な和紙は、版画紙として多くの美術作家に提供されている。

主な作品

「越前和紙で魅せるエバレット・ブラウンの世界展」

岩野 市兵衛(人間国宝 第九代)

三代 岩野 平三郎

県無形文化財 昭和50年指定
代表和紙工芸:打雲 飛雲 水玉

初代岩野平三郎の技法を受け継ぎ、雲肌麻紙などの画紙抄造につとめ、現代日本画の作家たちとの交流を深めている。
越前和紙古来の紙漉き模様「打雲・飛雲・水玉」の技法を継承し、県無形文化財に指定される。
「打雲」は地紙を漉いて、水が切れた頃、藍と紫の紙料を上下に雲のように漉き込む。「飛雲」も同様にして、ちぎれた雲のように漉き込む。「水玉」は地紙の上に水を含ませたわら束で水滴を落して作る技法である。

岩野 平三郎(第三代)

福田 忠雄

県無形文化財 平成12年指定
代表和紙工芸:墨流し

無地の紙に模様をつける技法の一つで、平安時代から伝えられている。
一子相伝、門外不出の技法として、特定の家に限りという形で継承されてきた。
墨流しは、水をはった水槽に墨、紅、藍などの染料と松脂を含んだ筆を水面に交互におとし、模様をつくる。これを和紙に吸い取らせる技法。
氏は地域的特有を有し、工芸史的に価値の高い墨流しの伝統的技術の保持者である。

福田 忠雄

越前和紙の歴代の紙匠たち一覧

越前和紙の歴代の紙匠たち
日本画紙の創始者 初代 岩野平三郎
紙漉きの神様といわれた日本画紙の創始者
国無形文化財
(人間国宝)
八代 岩野市兵衛(故人)
九代 岩野市兵衛
県無形文化財 三代 岩野平三郎
福田 忠雄

ページの先頭へ

越前和紙の里 〒915-0232 福井県越前市新在家町8-44 パピルス館内
tel:0778-42-1363 fax:0778-42-2425

Copyright 2009 Echizen Washi no Sato. All Rights Reserved.