武生ICより10分。昔ながらの自然に囲まれた、伝統と自然が息づくまち越前和紙の里では、伝統的な越前和紙の体験や工芸士の手わざを見ることができます。

伝統と歴史がいきづく和紙のふるさと 越前和紙の里
  • リンク集
  • To English Page

和紙の里からのお知らせ

お知らせ詳細

「和紙文化 in 越前」 開催のお知らせ[2014.08.21]

写真
 「和紙文化研究会」では1993年以来、毎年東京で和紙文化講演会を開催しておりますが、今年11月、初めて開催場所を和紙の産地である福井県越前市に移し、福井県和紙工業協同組合と共同で、第22回和紙文化講演会、記念展覧会「和紙の姿展」と紙漉工房を自由に見学できる「産地見学会」を3本柱とする「和紙文化in越前」を開催することとなりました。
 越前は奉書・鳥の子・局紙、打雲・飛雲・墨流し、引っかけ・漉き込みなど多様性に優れ、越前で創造される和紙は時代性及び作り手と使い手の関係性より生み出され、様々な用途で使われ、またそれが1500年の伝統となっております。その多様な姿を様々な方面から見て、検証することは今後の和紙にとって大きな意味をもっていると感じます。
 何卒、多くの方々に越前に集っていただき和紙の明日について語り合いましょう。皆様のお越しをお待ちしております。
和紙文化in越前実行委員会
関連リンク

「和紙文化研究会」 公式サイト

パンフレット

参加者募集のご案内(PDF) (washibunka_bosyu.pdf)

  • 写真1産地見学会チラシ
  • 写真2展覧会チラシ

<<前へ次へ>>

お知らせ一覧へ戻る

ページの先頭へ

越前和紙の里 〒915-0232 福井県越前市新在家町8-44 パピルス館内
tel:0778-42-1363 fax:0778-42-2425

Copyright 2009 Echizen Washi no Sato. All Rights Reserved.