【木造十一面観音菩薩立像】

福井県指定文化財で、東庄境町の八幡神社に安置されています。冠の部分に11もの仏様が彫られていることからこの名が付けられ、平安時代の作品と推測されています。

福井県指定文化財の木造十王像地蔵菩薩像や版本など、朽飯町の八幡神社には多くの貴重な文化財が残っています。

 

 このページを閉じる



越前和紙の里 体験工房 パピルス館
〒915-0232 福井県越前市新在家町8-44
tel:0778-42-1363