神体山である権現山の頂きにある奥の院と、その麓に建つ里宮からなっています。奥の院には紙祖神岡太神社と大瀧神社の両本殿が並び建ち、里宮はこれを併せて祀っています。

 紙祖神岡太神社は、1500年程前この里に紙漉きの技を伝えた川上御前を祀っています。里宮は、江戸時代後期の社殿建築の粋を集めて再建されたもので、昭和59年に国の重要文化財に指定されました。

 

 このページを閉じる



越前和紙の里 体験工房 パピルス館
〒915-0232 福井県越前市新在家町8-44
tel:0778-42-1363