豊臣秀吉の時代、越前の国を検地する時、その測量の基準とした石と伝えられています。この石は国中神社の要石と考えられ、移動するとたたりがあるといわれ、今も道端で歴史を見守っています。

 

 このページを閉じる



越前和紙の里 体験工房 パピルス館
〒915-0232 福井県越前市新在家町8-44
tel:0778-42-1363