武生ICより10分。昔ながらの自然に囲まれた、伝統と自然が息づくまち越前和紙の里では、伝統的な越前和紙の体験や工芸士の手わざを見ることができます。

伝統と歴史がいきづく和紙のふるさと 越前和紙の里
  • リンク集
  • To English Page
  • パピルス館
  • 卯立の工芸館
  • 紙の文化博物館
  • 和紙ショップえちぜん
  • エリア内マップ

紙の文化博物館

[和紙を知り、和紙を学ぶ] 紙の文化博物館

<紙の文化博物館リニューアルのお知らせ>

和紙にふれる体験コーナーや図書コーナーを新設し、
紙の文化博物館が4月8日にリニューアルオープンいたしました。
また、本館2階は9月30日(土)にオープン予定です。
新しくなった紙の文化博物館に、ぜひお越しください。

越前和紙の歴史についてや、産地ならではの和紙作品を多数展示しています。

紙の文化博物館では、特別展において、越前和紙の長い歴史を物語る古紙、道具などを展示し、常設展で発祥や歴史について学ぶことができます。
また、越前和紙や作品も多数展示しています。

フロアのご案内

本館1階 和紙の里・ガイダンスゾーン

本館1階では、「世界に広がる越前和紙」「越前和紙の今昔」を映像とパネルで紹介しています。岡本川を中心に営む和紙産地五箇(不老、大滝、岩本、新在家、定友)とともに、紙祖神「川上御前」を祀る国の重要文化財『岡太神社・大瀧神社』や、産地の歴史と今をご覧いただけます。
また、新しい和紙使いの提案コーナーや、和紙にふれる体験コーナーも新設しました。
ぜひ、和紙を身近に取り入れてください。

 
 

※クリックして拡大できます。

別館 和紙の交流・情報ゾーン

産地を代表する和紙約125点を展示します。お気に入りの和紙を見つけてください。
また、和紙情報ライブラリーにて、書籍の閲覧ができるようになりました。越前和紙関係の本を中心に産地や製法、紙漉き職人について集めています。お手に取ってご覧ください。
講演会やワークショップなどのイベントも、開催予定です。


 

※クリックして拡大できます。

本館2階 和紙の歴史・文化ゾーン

年数回の特別展を開催いたします。人間国宝をはじめ名工の紹介や、国の重要有形民俗文化財指定の古紙、紙漉き道具をテーマごとに展示していきます。

入館料

紙の文化博物館入館料金
  常設展 特別展開催時
大人 200円(団体の場合 150円) 300円(団体の場合 200円)
障害者手帳等をお持ちの方は通常の半額
高校生以下 無料 無料

※15名以上は団体割引になります(要予約)。
※卯立の工芸館との共通入館料です。(両方に入館できます)

お問い合わせ

越前和紙の里 紙の文化博物館
開館時間
午前9時〜午後4時
休館日:毎週火曜(祝日の場合は営業)・年末年始
所在地
〒915-0232 福井県越前市新在家町11-12
TEL:0778-42-0016
mail:museum@echizenwashi.jp

紙の文化博物館外観

ページの先頭へ

越前和紙の里 〒915-0232 福井県越前市新在家町8-44 パピルス館内
tel:0778-42-1363 fax:0778-42-2425

Copyright 2009 Echizen Washi no Sato. All Rights Reserved.