武生ICより10分。昔ながらの自然に囲まれた、伝統と自然が息づくまち越前和紙の里では、伝統的な越前和紙の体験や工芸士の手わざを見ることができます。

伝統と歴史がいきづく和紙のふるさと 越前和紙の里
  • リンク集
  • To English Page

和紙の里イベント情報

イベント情報詳細

【会期延長6/8まで⇒8/24まで】伊勢型紙 彫りの手仕事展

日時詳細
開催期間令和2年4月1日(水)〜8月24日(月) 午前9:30〜午後5:00(入館は午後4:30まで)※火曜日休館
開催場所越前和紙の里 卯立の工芸館 2Fギャラリー
利用料金大人200円(150円)、高校生以下無料※( )内15名以上の団体料金※紙の文化博物館と共通 
写真
江戸小紋などの染の型紙に使われる和紙を、越前にて試験的に漉く事になったのを機に、「彫りの手仕事展」として伊勢型紙のご紹介をいたします。

伊勢型紙は、型染めに用いられるもので8世紀ごろに始まったといわれ、柿渋を用いて和紙を貼り合わせた紙に、細かい刃先の彫刻刀で精巧微細な図柄を彫り、さらにこれを漆で固めます。「錐彫り」、「突彫り」、「道具彫り」、「縞彫り」のほか「糸入れ」などの技法があります。
平成3年に組織された伊勢型紙技術保存会は、その後「国の重要文化財保持団体」に認定され、伝統的な技術の保存と伝承に努めてこられました。
昨年来、越前にて型紙用紙を試験的に漉かせていただいたのを機に、和紙を柿渋で貼り合わせる「型地紙づくり」や、「彫り」の職人技を中心に、伊勢型紙の概要をご紹介いたします。


【お知らせ】
※チラシ記載の、4/25〜6/1の紙の文化博物館特別展は中止となりました。
※5月4日、5日に予定しておりました「型紙彫りの実技見学・体験」は新型コロナウイルス感染拡大防止の為の休館に伴い、中止となりました。
お客様及び関係者の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。

【追記】
※新型コロナウイルス感染拡大防止の為の休館に伴い、6/8(月)までの会期を、8/24(月)まで延長いたします。
---------------------------
協  賛 伊勢型紙技術保存会

開館時間 午前9:30〜午後5:00(入館は午後4:30まで)
休 館 日 火曜日

お問合せ 卯立の工芸館(0778-43-7800)
  • 写真1

次へ>>

イベント一覧へ戻る

ページの先頭へ

越前和紙の里 〒915-0232 福井県越前市新在家町8-44 パピルス館内
tel:0778-42-1363 fax:0778-42-2425

Copyright 2009 Echizen Washi no Sato. All Rights Reserved.