武生ICより10分。昔ながらの自然に囲まれた、伝統と自然が息づくまち越前和紙の里では、伝統的な越前和紙の体験や工芸士の手わざを見ることができます。

伝統と歴史がいきづく和紙のふるさと 越前和紙の里
  • リンク集
  • To English Page

和紙の里イベント情報

イベント情報詳細

写真でたどる スコシマエの和紙の里

日時詳細
開催期間平成28年11月12日(土)〜平成29年1月9日(月祝)
開催場所越前和紙の里 卯立の工芸館
利用料金大人200円(150円)・小中生100円(50円)※( )内団体料金[15名以上]
写真で旅するスコシマエの和紙の里
写真
1000年を越える紙漉きの伝統を有する越前和紙の里、人々は紙祖神 川上御前から授けられたと伝えられる技を大切に守り暮らしています。紙の文化博物館では、和紙の里会館と呼ばれた時代を含め、そんな和紙の里を記録し続けてきました。古くは和紙の里会館で展示された写真資料、近年では棚井文雄氏などの写真作品として、少し前の、しかし今とは異なる和紙の里の表情がおさめられています。これらの写真には、和紙の里に暮らす人々の息遣いまでもが写し取られているようです。写真を通して、変わり続ける和紙の里の、変わらぬ人々のいとなみを紹介します。
休館日 火曜日
開館時間 午前9時〜午後4時

※紙の文化博物館はリニューアルのため、平成29年3月まで休館しています

<<前へ次へ>>

イベント一覧へ戻る

ページの先頭へ

越前和紙の里 〒915-0232 福井県越前市新在家町8-44 パピルス館内
tel:0778-42-1363 fax:0778-42-2425

Copyright 2009 Echizen Washi no Sato. All Rights Reserved.