武生ICより10分。昔ながらの自然に囲まれた、伝統と自然が息づくまち越前和紙の里では、伝統的な越前和紙の体験や工芸士の手わざを見ることができます。

伝統と歴史がいきづく和紙のふるさと 越前和紙の里
  • リンク集
  • To English Page

和紙の里イベント情報

イベント情報詳細

人間国宝岩野市兵衛氏抄造 越前生漉奉書・木版・美人画

日時詳細
開催期間平成28年4月10日(日)〜5月9日(月)
開催場所越前和紙の里 卯立の工芸館
利用料金大人200円(150円)・小中生100円(50円)※( )内団体料金[15名以上]
木版美人画一堂に会す
写真
 このたび越前和紙の里 卯立の工芸館では、人間国宝九代岩野市兵衛氏抄造の生漉奉書を用いた木版美人画の展覧会を開催いたします。

 越前生漉奉書は、度重なる摺りにも狂いのない強靭さと、発色の良さ、そして奉書紙そのものがもつ柔らかく温かみのある風合いから木版画に適した紙として様々な版元に利用されてきました。
 このたびの展覧会では、上村松園や伊東深水、竹久夢二らの復刻作品をはじめ、志村立美、岩田専太郎といった昭和期の小説挿絵黄金期を支えた画家たちの肉筆と見まごう木版画を展示し、これらの木版表現を可能とする越前生漉奉書についてご紹介します。
主催 越前和紙の里 卯立の工芸館・紙の文化博物館
協力 九代岩野市兵衛氏
※紙の文化博物館はリニューアルのため休館中(平成29年3月まで)

<<前へ次へ>>

イベント一覧へ戻る

ページの先頭へ

越前和紙の里 〒915-0232 福井県越前市新在家町8-44 パピルス館内
tel:0778-42-1363 fax:0778-42-2425

Copyright 2009 Echizen Washi no Sato. All Rights Reserved.